こんにちは。ランディー由紀子と申します。

私は10年ほど前「学力は全米トップ0.1%秘訣は幼児期の教育」というメルマガを書き
当時、一万人以上のお母さま方に読んでいただいていました。
http://lunday.typepad.jp/

その頃、たった一人の被験者、つまり当時12歳だった、息子一人で証明されたと思えた
こうすれば健康で知性の高い子どもを育てられる!しかも、それは親子で楽しくできる!
その方法を多くの人にシェアしたいと考え、チルドレン大学を作りました。

・自分の力で考えることができる子
・インディペンデントに学習できる子
・イメージ力があり創造する力がある子

そのような子どもを育てる方法として、対話式読み聞かせやネットワークさせていく学習法など
賢い子を育てるには、それさえしっかりとやっていれば十分と信じていることをお伝えしてきました。

しかし、そこには欠落していた、お伝えしきれていないことがありました。
それは、人間を育てるということは、頭だけじゃダメだということ。

「心」優しい心 思いやりの心 他者を尊ぶ心 共感する心
また、心を育てることに直に繋がる自然を畏怖し、謙虚になる精神など。

子どもが大きくなって、いずれ自分にできることを社会に還元していくためには
他者とのコミュニケーションつまり、社会性や心の知能指数(EQ)がとても大切です。

知性豊かで健康であっても、それだけでは十分ではない。
私はそのことを、一人の人間を育てる過程を経て痛切に感じています。

これまでに、約1200人のお母さま方が、チルドレン大学を受講されました。
そして、申し込みの際に書いていただいている子育てのビジョンについて、
多くの方のお気持ちには、共通する想いがあることが分かりました。

多くのお母さんたちは、このように考えられています。

「自分の子どもには、与えられた能力を最大限に活かし
 人の役に立ち、自身も幸福になれる人間になって欲しい」

そのためには、他者の理論や思惑、ノウハウを人から与えてもらうのではなく
あなたの中に眠る叡智が紐解かれたなら、自力で「もうすでに知っている」状態になれると思うのです。
実はあなたには、本当はすでに知っていることがたくさんあり、思い出せばいいだけではないでしょうか。

では、どのように思い出していったらいいのか?
新しいチルドレン大学では、日常生活で具体的にできる、教育方法やトレーニング方法だけでなく
母親としての在り方について、自分自身の心の内に問いかけながら学んでいただきます。


世の中にはノウハウやマニュアルが溢れています。
それらはあなたのコンパスとなるかもしれません。
しかし、チルドレン大学では、失くしたら困るコンパスに
依存することなく、自分の力で進む道を探索できる力を
身に付けていただきたいと考えています。

 ランディー由紀子

  
 

 

コンテンツで、子育ての姿勢と家庭教育のコンセプトについて学んだ翌日は、ホームワークをお届けします。「学ぶ→実践する」というサイクルを繰り返すことで、ただ頭で学ぶだけでなく体験を通して学びを消化することができます。

内容】
・基本は親子の会話です
・家庭でできる幅広い豊かな教育
・大人が子どもになることを学ぶ
・子育ては急がば回れ


・対話式読み聞かせをしていますか?
・やればできる!やりたい!
  と思う心を育むには 他

「英語が苦手なママ」にもできる、家庭で子どもに英語を教えるための効果的な方法とコンセプト、実践編で使われるマザーグースの詳しい利用方法を学びます。

・ママが英語を教える
 バイリンガル教育の条件
 英語習得の意外な心理
 マルチリンガルも夢じゃない
 言語を持つってどういうこと?
 母国語での思考力を育む大切さ
 理想の英語教育とは
 人事をつくして天命を待つ


 日本とアメリカの教え方の違い
 言語を教えることにフォーカスしない
 英語を教える方法は英語を教えないこと

・マザーグースを100%使い切る!
 なぜマザーグースなのか?
 マザーグースを使ったエクササイズ
 発音について 他


ステップ3の学びは大きく3つの内容に分かれています。

1.マザーグース実践編

マザーグースを題材にしたエクササイズをお届けします。このエクササイズは英語での読み聞かせだけではなく、コンテンツから派生した知識も一緒に学ぶことができるように作られています。 知識をネットワークさせる家庭での教育を通して、お子さんの知的好奇心を刺激する内容になっています。

【内容】
 Old Mother Goose
 Cook-a-Doodle-Doo
 Little Bo-Peep
 Lady-bird,Lady-bird
 I'll Tell You A Story
 I Like Little Pussy
 Alphabet


 The Little Robin Grieves
 Little Tommy Tittlemouse
 Little Nanny Etticoat 

 全29編のマザーグース
 および英語本オリジナル絵本

2.バランスポイント

「子育て、しつけ」の土台となる「母親としての在り方」とは?
4つのシチュエーションをテーマに、子どもに接する際の自分の傾向を理解し、より柔軟で調和のとれた子育て、しつけを目指します。


・時間を守る Vs. 時間に囚われない
社会の中で生活するために必要な時間という規律を守りつつ、時間の束縛に心が囚われないようになる練習です。

・寛容 Vs. 甘やかし
子どもに寛容になること、それに対して甘やかしになってしまうことの境界線を見極め、柔和でありながら効果的にバランスよく、子どものしつけができるようになる練習です。

・与える Vs. 与えない
物が溢れる現代社会において子どもに「与える」ことよりも「与えずに済む」方法を考えるのが難しいという問題があります。本当に与えてあげたいこと、逆に与えない方がいいこととは何か、深く考えます。

・支配的リーダーシップ Vs. パッシブ・リーダーシップ
リーダーシップの違いを知り、自分自身はどうであるか考えます。いつも支配的な傾向が強ければ、そうでない時も必要でしょうし、その逆もまた然りでしょう。

3.ボディー編

子どもは母親の言葉よりも、その体が醸し出す非言語コミュニケーションから、より多くのメッセージを受け取っています。 そのため、母親の「言葉」と「体」から伝わるメッセージが食い違っていると混乱してしまいます。ボディー編では、下記のテーマで「体」にフォーカスした内容を学びます。

ボディー・ランゲージ
ミラー・ニューロン
非言語コミュニケーション
共感力
声と言葉のニュアンス
432Hz
  水について
  音と健康
  瞑想



 


ご希望のお申込み方法をお選びください

サンプルページにて、表示および動作確認の上お申込みください