子育ての魔法の杖
 - はじめにより抜粋 -

 現代社会には、言うまでもなく、インターネットの普及によって情報が溢れています。ですから、私たち親にとって、今はいかに情報を入手するかが課題ではなく、「情報をどう識別・判断し自分の中に取り入れ、そして実際の生活の中で実践していくか」という部分が重要であると考えています。その部分においては、すでに情報がたくさん溢れる中で翻弄される経験をし、自分自身で判断する力が大事なのだと、お気づきになっている方も多くいらっしゃると思います。


 生きていく上では、試して、経験して、体験して、そして失敗して学ぶことがたくさんあります。しかしその反面、自分の子どもをモルモットのように実験台とし、これまでになかった斬新な教育方法を試し、失敗してしまうとしたらどうでしょう?新薬を使ってみたところ、取り返しのつかない副作用があったらとしたら?失敗することで何かを学べるだけならまだしも、子どもの一生を左右するような、よくない事態が起きる可能性も否定できません。

 親が賢くなること。そして、自分自身で情報を見極める力を持つことは、自分の子どもを守ることに直結しています。自分の子どもに、生きる力=考える力をつけさせてあげたい。知は力です。でも、それにはどうしたらいいのでしょう?きっと、学歴や知識だけではない、他の何かが必要になるのでしょう。本書『子育ての魔法の杖』で、ご自分なりの答えを見出していただければ幸いです。




チルドレン大学プログラムの詳細

対象年齢: 赤ちゃん〜小学生

そして・・・

201日間のチルドレン大学を完全にこなせば
プログラム終了後あなたの世界感は変わり
あなたのお子さんの人生は大きくシフトされます!

毎日のコンテンツの学習時間は、15分から30分でこなせるくらいの量です。
毎日のエクササイズはまるで、『巨人の星』の大リーグボール養成ギブスのような
プログラムですが、緩やかなカーブを描きながら段々と高度になっていくため、
徐々に内容に親しみ慣れ、のめり込んでいかれる内容になっています。

カバーされているのは、様々なトピックの 幅広い教育と英語教育を家庭で親子で楽しく学べる というものですが、決してやり方を読むだけでお終いというものではありません。

まずは『マインド』、『ボディー』、『スピリット』、そして『英語教育』のコンセプトを
理解していただいた上で、文章だけでなく、画像、音声、ビデオをふんだんに利用し、
毎日の実践に入っていきます。

チルドレン大学での学びは3つのプロセスに分かれています

プロセス1:コンセプトを学ぶ Vol. 2 〜 Vol. 18
チルドレン大学ではまずはじめに、子育ての姿勢と家庭教育のコンセプトを学びます。 はじめの約一ヶ月間は「Mind(頭脳)編」「Body(身体)編」「Spirit(精神)編」の プログラムが隔日に届きます。コンセプトを学ぶプロセスは 「コンテンツを読む日⇒実践して考える日」となり、少なくても1日は実際に生活の中で 試してみる、またはそれについて調べたり深く考えたりする時間を持ちます。 各コンテンツにはホームワークがついていますので、コンテンツを読んでお終いという だけでなく、一歩深く踏み込んで、頭で学んだことを体験することで消化していきます。
プロセス2:ママ英語の習得 Vol. 19〜 Vol. 23
サンプルをご覧下さい 家庭で英語をママが教えてあげるためにはどうしたらよいのか、英語ができないママにでも 効果的な英語教育ができる方法、及びコンセプトを学びます。『ママが英語を教える』の 講習は、トータル約1時間の音声付き講義になっています。『読み聞かせのうんちく』では、 第二ヶ国語を教えるための読み聞かせについて、コンセプトから実践方法まで学びます。 そして第3段階目の実践に入る前に、『マザーグースを100%使い切る!』にて、 なぜマザーグースなのか?そしてそれをどのように利用したらよいのか?という、 詳しいマザーグースの利用方法を学びます。

サンプルを見る>>>

プロセス3:実践編 Vol. 24〜Vol. 187
サンプルをご覧下さい 実践編に入りますと、サンプルのようなマザーグースを使ったエクササイズが2日続けて届きます。 マザーグースを使ったレッスンと言って も、マザーグースの内容を学ぶものではなく、本の中にあるコンテンツから派生した学びが 主な内容で、それと同時に親子で英語も学んでしまおうというものです。 実践編の後編では、世界の面白いニュースを題材にした、ママの英語力を鍛えるコンテンツをお届けします。

サンプルを見る>>>

実践編前半の、マザーグースの合間3日目は一息つけるように、 ドキュメンタリーや科学関係などのエジュケーショナルなビデオ 幅広い教育のトピックに基づいた学びの日エンターテイメントの日 を設けています。
チルドレン大学でのとりくみが身についてくる、実践編後編では、上記3つのコンテンツに代わり、 難易度をあげて、いずれも音声がついた、イソップ物語英語のことわざことだまシリーズ、 スピーキングの練習に使えるフレーズカードなどなどバラエティに富んだコンテンツが登場します。



これはチルドレン大学2週間おためしプログラムの案内です








2011年12月26日(月)終了。
次回のキャンペーンをお楽しみに・・・






Copyright(c)2007-2011 eigobon.com ALL Rights Reserved